新規会員登録540円ポイントプレゼント

ログイン

リラックスできる室内専用プレウィッグ おうちでウィッグ

当ショップのカタログのお送りします!

インターネットでのお買い物が苦手な方は送付先ご住所・お名前・お電話番号・希望数 をご記入のうえ、お気軽に以下のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

Q&A > からだのケアガイダンス > 時代は今、治療から予防へ〜予防医学という考え方〜
  • 抗がん剤の新常識分子標的薬
  • 治療の最大の敵は
  • 急に困らないための
  • がんの闘病中の体の変化は
  • セカンドオピニオン基礎
  • セカンドオピニオン実践
  • 時代は今、治療から予防へ〜予防医学という考え方〜
  • がん治療にメディカルヨガのすすめ
  • がんと食事〜食欲不振のときのアドバイス〜
  • がんと食事〜ホルモン療法中の食事について〜

時代は今、治療から予防へ〜予防医学という考え方〜

世界的な長寿国、日本。特に女性の平均寿命は87.0歳と世界第一位です。そんな日本人の3大疾病と言えば、がん、心疾患、脳血管疾患。なぜ、日進月歩の医療をもってしても、これらの病気にかかる人が減らないのか。それは長生きをすればそれだけ細胞は老化し、病気の発症率が高くなるのは避けられないことだからです。

それなら、いかに健康寿命(健康に自立して生活できる期間)を長くできるかについて考えてみませんか?
上記の3大疾病はもとをただすと生活習慣病が原因であるとも言われ、一部の病気は日常生活での心がけで罹患リスクを下げられる病気なのです。時代は今、治療から予防へ移行しています。発病してから治療をするのではなく、病気にならないように未然に防ぐ「予防」に注力しましょう。

予防医学は究極の治療法

がんだけでなく、人がかかる様々な病気の予防には、3段階あります。

  予防内容と主な具体例
第一次予防 生活習慣・生活環境を改善し、健康増進を計ること
・たばこを吸わない
・バランスのよい食生活を心がける
・飲酒を控える
・適度な運動をする
・良質で適切な睡眠をとること

流行病の発症を防ぐこと
・予防接種
・マスク装着、うがい、手洗いなどの徹底

事故を未然に防ぎ、心身のトラブルを避けること
健康増進
病気予防
特殊予防
第二次予防 検診などで病気を早期発見する
・人間ドックを受ける
・がん検診を受ける

早期治療、保健指導などの対策で病気の重症化を防ぐ
・病院で適切な医療を積極的に受ける
早期発見
早期対処・治療
適切な医療と合併症対策
第三次予防 治療の一環として、保健指導やリハビリテーション指導などによる心身の機能回復に努める
・適切なリハビリテーションを受ける

後遺症や再発を予防する
・定期検診を受ける

社会復帰対策をする
再発防止
リハビリテーション

【代表的な対策1】食生活の改善

ほとんどの方は、好きなものを好きなように食べたいという欲求をお持ちだと思います。ところが、私たちのからだは自分の食べたものでできているということを忘れてはいけません。毎日摂る食事こそ、栄養源ですからとても重要なのです。

塩分を控える 少なければ少ないほど良い塩分。特に一人暮らしで自炊をしている方は、注意してくれる人がいないとなかなか気づきにくいものです。いきなり味を変えてしまうのではなく、徐々に減らしてみるといった対策をしてみましょう。
料理は薄味に

レモン・お酢といった酸味、ニンニク・ショウガといった香味野菜、カラシ・ワサビなどの辛みなどをプラスすると、アクセントになり、塩や醤油、砂糖などの使用をおさえることができます。

野菜を摂取する やはり野菜は優れもの。偏りすぎるのはよくありませんが、多く摂るように心がけたほうがよい食べ物です。胃ガンや大腸がんにかかるリスクを低くしてくれます。
熱すぎるものは冷ましてから 熱いものは熱いうちに、できたてをいただいた方がおいしいですが、あまりにも熱いものを無理に食すといったことが習慣化すると、口腔内や食道の粘膜を傷つけ、常に炎症を起こした状態になるので、適度に冷ましてからにしましょう。

抗がん剤・放射線治療と食事のくふう
抗がん剤・放射線治療と食事のくふう
乳がんの人のためのおいしい療養レシピ
乳がんの人のためのおいしい療養レシピ
抗がん剤・放射線治療に向きあう食事
抗がん剤・放射線治療に向きあう食事
【代表的な対策2】禁煙のすすめ

近年、「禁煙外来」が増えているように、禁煙ブームが広がっています。喫煙者が必ずがんになるのかと言えば、必ずしもそうではありませんが、吸わない人と比べると、発症リスクは1.5倍にもなることが認められています。また、喫煙により生じた煙が、ご家族など周りの大切な方の健康にも影響をおよぼします。たばこを吸っている人は、禁煙を始めるだけで病気予防への第一歩を踏み出せるでしょう。

Copyright (c) PreSta〔プレスタ〕 all rights reserved.