新規会員登録540円ポイントプレゼント

ログイン

この手軽さ帽子以上 おうちでウィッグ

当ショップのカタログのお送りします!

インターネットでのお買い物が苦手な方は送付先ご住所・お名前・お電話番号・希望数 をご記入のうえ、お気軽に以下のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

Q&A > からだのケアガイダンス > セカンドオピニオンを求めるときのポイント
  • 抗がん剤の新常識分子標的薬
  • 治療の最大の敵は
  • 急に困らないための
  • がんの闘病中の体の変化は
  • セカンドオピニオン基礎
  • セカンドオピニオン実践
  • 時代は今、治療から予防へ〜予防医学という考え方〜
  • がん治療にメディカルヨガのすすめ
  • がんと食事〜食欲不振のときのアドバイス〜
  • がんと食事〜ホルモン療法中の食事について〜

セカンドオピニオンを求めるときのポイント

セカンドオピニオンの必要性が叫ばれるようになり、協力的な医師も少しずつ増えてきています。しかし、普及するにつれてこのような声もあがっています。

求めてみたけれど、納得の意見を得られなかった……
かえって混乱してしまった……
医師に叱責されてしまった……


がんは進行性の病気ですし、体の不調を押して受診する場合もあります。せっかくの行動が無駄にならないために、セカンドオピニオンを求めるときのポイントを押さえておきましょう。

POINT1 現在の主治医からしっかり説明を受けておく

セカンドオピニオンを求めるうえで重要なのが、あなた自身が病状や診断内容を理解することです。本来、主治医から受けるべき診断や治療の説明を十分に受けられていないと感じたら、まず、主治医からしかるべき説明を受けてからセカンドオピニオン医を探しましょう。

POINT2 紹介状と治療のデータを用意する

どんな名医でも、正確な診療情報がなければ、的確な意見を述べることは困難です。紹介状をはじめ、できれば検査データや画像のコピーも用意してセカンドオピニオン医に渡しましょう。

病理検査を受けた人へ
できれば病理標本のプレパラートも貸し出してもらいましょう。病理診断はバラつきがあり、誤診もありえます。病理診断はすぐにできない場合が多く、セカンドオピニオン医の病院に一時的に標本を預けることになります。

病院には診療情報を5年間保管する義務があるため、なかには病理標本などの資料の紛失を恐れて貸し出してくれない病院もあります。その場合にはセカンドオピニオン医から前の医師に請求してもらう方法もあります。


POINT3 納得できる医師を選ぶ

セカンドオピニオンには、主治医と同等以上にがんに詳しい医師(専門医が望ましい)を選ぶようにしましょう。市民団体などでセカンドオピニオンを行うところもありますが、必ずしもあなたのがんに詳しい医師が相談に応じてくれるとは限りません。また、良性疾患に対し温存に熱心な医師が、がんでも熱心とは限りません。該当部位のがんの希望する治療方法に熱心に取り組む医師を選ぶようにしましょう。

<PICK UP> 受診が難しい方へ
入院中などでセカンドオピニオンを受けるのが難しい場合には、ご家族や友人に代理で受診してもらう方法があります。ただし、医師のなかにはプライバシーを重視する方や本人以外のセカンドオピニオンには応じない主義の方もいるので、あらかじめ代理の人でも応じてもらえるか聞いておきましょう。なお、代理人が病院に行く際には委任状に書き、病院に持参してもらうようにしましょう。
情報提供元:Webがんサポート(http://gansupport.jp)
Copyright (c) PreSta〔プレスタ〕 all rights reserved.