新規会員登録540円ポイントプレゼント

ログイン

この手軽さ帽子以上 おうちでウィッグ

当ショップのカタログのお送りします!

インターネットでのお買い物が苦手な方は送付先ご住所・お名前・お電話番号・希望数 をご記入のうえ、お気軽に以下のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

Q&A > からだのケアガイダンス > 知っておきたい!セカンドオピニオン
  • 抗がん剤の新常識分子標的薬
  • 治療の最大の敵は
  • 急に困らないための
  • がんの闘病中の体の変化は
  • セカンドオピニオン基礎
  • セカンドオピニオン実践
  • 時代は今、治療から予防へ〜予防医学という考え方〜
  • がん治療にメディカルヨガのすすめ
  • がんと食事〜食欲不振のときのアドバイス〜
  • がんと食事〜ホルモン療法中の食事について〜

知っておきたい!セカンドオピニオンという選択

セカンドオピニオンとは、主治医以外のドクターに対して第二の意見をもらうこと。
聞いたことはあるものの、自分に必要なものかどうか知りたいという方も多いのではないでしょうか?

今回は、セカンドオピニオンの概要と利用をおすすめしたい方についてお伝えしていきます。
セカンドオピニオンについて調べはじめた方、利用を検討されている方はぜひご参考になさってください。

セカンドオピニオンとは?

もともと医療用語で、主治医以外の医師に「求めた意見」、あるいは「意見を求める行為」をセカンドオピニオンといいます。最初にかかった主治医を信頼して任せるという従来の医師と患者の関係を注視し、複数の専門家に意見を聞くことでより適切な治療や施術を患者が受けられるようにするべきという考えのもとで生まれたシステムです。

セカンドオピニオンって、私に必要なもの?

セカンドオピニオンについて理解し、すぐに必要性を感じた方もいらっしゃる一方で、本当に自分にとって必要なのか疑問が浮かぶ方もいるのではないでしょうか。以下ではセカンドオピニオンを利用をおすすめしたい方の傾向をチェックリスト形式でご紹介します。

【セカンドオピニオンのチェックリスト】
  • 一次医療医から勧められた内容を確かめたい。
  • 主治医が腫瘍科医ではない。
  • 主治医があなたのかかったがんの治療に熟練していない。
  • 最新の治療を受けられるという確証がほしい。
  • 勧められた治療の副作用や長期的な影響が心配である。
  • 研究段階の治療に関心がある。
  • 主治医とのコミュニケーションに問題がある。
  • 主治医がよく知らない治療法について読んだ。
  • 主治医から、あなたの生活習慣や家族の希望、仕事上の約束ごとや願望について質問されなかった。
  • 勧められた治療法はあなたらしい生活を送る上で妨げになるので、ほかの選択肢がないかどうかを知りたい。
  • 主治医の知識、経験、判断に確信がもてない。
  • 主治医の勧める治療法に苦痛を感じる。
(『がん 自分で選び、決定するために』アメリカがん協会編、細谷亮太監訳、保健同人社)
<PICK UP> 先生に言いづらい、悪いのではないかとお考えの方へ
先生に対して失礼ではないか……
診てもらえなくなることが不安……


こんなふうに思っていませんか?
主治医に病気や治療に関する不安や疑問を言い出せずに、セカンドオピニオンの利用を決めあぐねている患者さんは案外多くいらっしゃるようです。

しかし、実際にセカンドオピニオンの話をされて怒り出すような先生はそれほど多くないのが現状です。躊躇したあげく、申し出ても何の問題も起きずに対応してもらえるケースが多いようです。仮に、怒り出すような医師であればその時点で患者様の人権を軽視していますので、かかり続けることを考え直したほうが良いかもしれません。

また、心ある医師であれば、主治医の治療方針に納得して戻ってきた患者を拒むことはありません。医師の中には、セカンドオピニオンを利用する患者様を「治療に前向きな患者」、あるいは「第三者の医師の目が入る可能性がある患者」と認識して、より丁寧に対応することもあると話す医師もいるようです。
情報提供元:Webがんサポート(http://gansupport.jp)
Copyright (c) PreSta〔プレスタ〕 all rights reserved.